入浴中の手のしびれ!

入浴中に手のしびれを感じたらどうしたらよい?

CTスキャン MRL検査

湯船につかっていると手がしびれてきたり、肩こりが強くなってくる場合、または、手のこわばりが強くなってくる場合があります。そのような症状が頻繁に現われるようでしたら、まずは脳神経外科などでCTスキャンやMRIを撮ってみましょう。

CTスキャンは放射線を利用して画像を連続撮影したものです。検査時間が短くすみ手軽に検査ができますが脳の詳細な部分までは診ることができません。MRIは磁場を利用したもので小さな脳梗塞まで写すことができ画像も立体的で鮮明です。しかし、撮影時間は長く狭く暗いところにじっとしていなくてはならず、撮影時かなり大きな音がするので不快感を覚えることがあります。

血液検査、その他

入浴中に手のしびれが起こる疾患には、膠原病や多発性硬化症などもあります。その疑いがある場合は血液検査や腰椎穿刺という髄液をとって調べる検査などが行われます。

検査で異常がないのに何故しびれる?

「専門病院での高度な検査を受けたが異常なし」という場合は何が原因なのでしょうか。検査では異常がないので一安心ですが、決してそれで症状がなくなったわけではありません。とりあえず生命の危険はないことがわかったのでホッとする反面、症状に悩んでいる本人としては何も解決していないので腑に落ちない気持ちになるかもしれません。

じゃあ原因は何??

一般的に考えられる原因

  • 椎間板ヘルニアや頚椎症、手根管症候群などの基礎疾患があり、患部の炎症が強い場合、体が温まるとよけいに炎症が強くなり悪化することがあります。
    (末梢神経は、神経上膜、神経周膜、神経内膜の三層構造をしています。神経上膜の中には血管も通っています。)
  • 感染疾患がある。
  • 入浴中は汗をかくので電解質(ナトリウム、クロール、カリウム、カルシウム、マグネシウム)が不足するため。

入浴後にしびれる場合

今まで解説してきたのは、入浴中のお話です。「お風呂から出た後にしびれる」という場合はどうなのでしょうか。ここでは、脳と血液の検査で異常がなく、整形外科的検査でも異常がないことを前提とします。

可能性が高いのは、のぼせ・脱水症状からくるしびれです。電解質(ナトリウム、クロール、カリウム、カルシウム、マグネシウム)が不足するためです。

対処、処置

ご自身での自己療法(ストレッチや揉む、叩くなど)は症状を悪化させる危険がありますので避けるようにしてください。

病院や各施術所で適切な処置をしてもらうようにしてください。

一部の人は民間療法は無資格なので極端に敬遠していますが、世の中には職人的な卓越した技術を持った施術家がいることもまた事実です。施術する人に専門知識や技術があるか確かめて施術を受けるようにしましょう。(資格にこだわる人は国家資格(あん摩マッサージ指圧師か鍼灸師)の資格を持っているか確かめるのもよいでしょう)

お悩みは何ですか?