マウス症候群

パソコンのマウス操作、テンキー操作を反復して使う方に起こる

マウス症候群とは、1日6~8時間反復してマウス操作を行う方に多く現れる首、腕から手にかけて起こる疲労・痛みなどの一連の症状群をさします。

これは、反復性ストレス障害ともいわれ、マウス操作のみに限られたものではなく、テンキー操作などでも同様な症状を起こします。

お悩みは何ですか?