うつむき姿勢になることが多い現代人は ストレートネックにないやすい。

ストレートネク、キャッチ画像

ストレートネックとは… 頚椎の生理的前湾角度 30度以下の首の状態をいいます。
※首がまっすぐに歪んだ状態を示す言葉ですので、病名ではありません。

正常な人の首の前湾角度は… 30~40度です。

慢性的な 頭痛・首の痛み・肩こりに悩む人の多くは、この角度が少なく、病院でレントゲンやMRIを撮ると正常よりも首がまっすぐですね。(原因)という説明を受けることになります。

たいていこれといった治療があるわけではなく、 整形外科では…

  • 首を牽引したり首の牽引はつまった椎間(ついかん:首の骨と骨の間)を広げ、硬くなった筋肉をストレッチする目的で行われます。しかし、首はだた引っ張れば開き、伸びるという単純な構造ではありません。椎間を的確に開くためにはそれなりの技術が必要です。左右の捻れがある場合や強すぎる牽引は、手にしびれが出たり症状が悪化する場合があるので注意が必要です。
  • 電気をかけたりマッサージをしたり首がまっすぐだという診断なのに首の角度を改善する治療ではなく、首回りの筋肉をほぐす対処療法的な治療。
  • 筋肉の緊張を緩める目的の薬を処方してもらう薬は首以外の全身の筋肉にも作用してしまい、姿勢筋(正しい姿勢を保つために使われる筋肉)もゆるんでしまうので、長期的には不良姿勢の原因になりやすい。

ストレートネック 原因

慢性的なうつむき姿勢を取ることにより、首の生理的なカーブが失われ、ストレートネックになります。

長時間のパソコン作業はもっとも代表的な原因です。

その他にも、意外と多いのが過度の姿勢矯正をしている人です。(バレエや社交ダンスなど)

姿勢を意識するあまり、いつも顎を引いている場合、首の自然なアーチが失われ、まっすぐになるだけでなく、首が逆カーブになってしまう場合も良く見かける現象の一つです。

スポーツ障害により起こる場合

  • バレエやダンスなどによる姿勢矯正
  • 格闘技(ボクシング、レスリング、柔道、総合格闘技 など)による頭部や首への衝撃、顎を引き背中を丸くした姿勢
  • スキーやスノーボード転倒、車の衝突事故などによる「むち打ち」

ほとんどのストレートネックは『猫背』に起因しています。背中が丸くなり、首が前に出た姿勢(首猫背とも言われます)になっています。自分では猫背でないと思っている方でも、専門家が見れば実は『隠れ猫背』であるわけです。

また、下半身では足首の歪みから骨盤に歪みが発生している場合がほとんどです。綺麗な骨盤の傾斜があって、綺麗な首の前湾が保てるのです。

骨盤が前に出た不良姿勢 >>

ストレートネック 症状

  • 頭痛がする
  • 肩がこる
  • 首が痛い、首が動かない
  • 上が向きにくい
  • めまい、ふらつき感がある
  • 手のしびれがある
  • 寝違いを繰り返す、枕が合わない
  • 吐き気がする
  • 自律神経失調症

男性・女性ともに多く現われますが、最近では子ともにも増えてきています。

正常な首がストレートネックになっていく様子(動画)

正常な首の形は、頚椎前弯(けいついぜんわん)といってなだらかに前にアーチを描いています。そのアーチが失われてくると首がまっすぐになりストレートネックの状態になります。さらに進行すると今度は、逆向きのアーチを描くようになります。この状態を「頸椎後弯変形(後方ネック)」と言います。

お悩みは何ですか?